破産宣告とは.com|~自己破産について~借金が返せない人必見!

MENU

破産宣告のデメリット|本当に自己破産していいの?

本当に自己破産が正しい選択ですか?

 

債務整理にもいくつか種類があり、収入・財産の有無借入件数・総額などによって最適な方法が違います。
特にはじめての方にとっては、自分に合った手段を選ぶことが重要なポイントです。

 

 

自己破産をする前に
  • 債務整理の費用はいくら?
  • わたしの借金をいくら減額できる?
  • 最適な債務整理の方法は?
  • 過払い金請求はできる?

まずは借入件数借入額を入力してシミュレーションしてみましょう。

 

債務整理シュミレーター

 

今すぐ無料相談したい方は

借金お助け相談窓口なら
365日・24時間無料対応!


 

■電話相談の前に!

※下記のご質問はお受けできません。

・個人間の借金
・税金の相談
・差し押さえの相談
・本人以外からの相談
・他事務所にご相談中の方

 

破産宣告とは何か

疑問
破産宣告とは、自己破産など破産の手続きを始めるという、一番初めの段階を指す言葉です。
自己破産は裁判所に申し立てる必要がある手続きです。自己破産を決意した後はまず、自己破産申し立てに必要となる書類をそろえ、必要事項を記入し、お住まいの地域の地方裁判所に提出をします。その後提出した書類をもとに、裁判所にて審尋が行われます。
この時、もし弁護士に依頼をしていたら、この審尋に出向く必要はなく、弁護士か代理で行うことが可能ですが、個人で申立てた場合や、司法書士などに依頼をしている場合は、本人が出席する必要があります。

 

⇒自己破産に強い弁護士はこちら

 

自己破産と個人再生、任意整理の違い

債務整理には大きく分けて3つの種類があります。
任意整理個人再生自己破産です。任意整理と個人再生は、債務額を減額し、返済していくという点では似た手続きであると言えます。
自己破産・個人再生と、任意整理で大きく違うのが、裁判所を通すか通さないかという点です。
任意整理の場合、裁判所を通さずに相手方と直接やり取りをし、債務額の減額を交渉しますので、裁判所を通して減額交渉を行う個人再生よりも、減額の度合いがあまり見込めません。
逆に任意整理のメリットとしては、裁判所を通さないということから、手続きが容易であり、最も短時間で簡単に行えるという点です。
さらに、裁判所を通した手続き(個人再生・自己破産)の場合、国が発行する、誰でも閲覧可能な官報という雑誌のようなものに記名が記載されてしまいますが、任意整理の場合それがありませんので、誰にも知られずに債務整理を行うことが可能です。

 

債務整理の条件項目比較表

 

返済
能力

減額 欠点 裁判所
任意整理 有(高) 通さない
個人再生 有(低) 通す
自己破産 全額 通す

 

3つの債務整理手続きの中で最もメリットが大きいのが、自己破産です。
自己破産はまず、上記の2つと違って、債務の返済義務そのものが免除されます。自己破産が認められれば、借金はもう返さなくても良いということです。
これは借金にお悩みの方にとって最も大きいメリットでしょう。
ですがもちろん、メリットが大きい反面、デメリットも発生します。自己破産の場合、所有する財産を処分し、債権者に少しでも返済しなければなりません。
ですので家や車など、高価な財産を持っており、手放したくないという人には向いていない手続きであると言えます。

 

⇒自分に合った債務整理方法を調べる

 

破産宣告(自己破産)の条件

破産宣告を受けるには、支払い能力がないと認められることが必要となります。
正社員で雇用されており、長期的且つ安定した収入が見込める場合などは、基本的に自己破産手続きをとり行うことが不可能といえます。
もちろん債務額とのバランスも考慮されますが、基本的に支払い能力が見込める人は自己破産の許可が下りません。
例えば現在失業してしまい、支払い能力がない人でも、年齢やその人の状況などにより、今後仕事につき、安定した収入を得ることができる可能性が高いと判断された場合なども、自己破産が認められません。
債務の額や、本人の状態が総合的に判断されますので、一人一人の場合によって、変わります。

 

自己破産について弁護士に無料相談してみる

 

破産宣告のメリット・デメリット

破産宣告を受けるメリットは

前途の通り、自己破産は債務整理手続きの中でも最もメリットの大きい手続きであると言えます。
なぜなら、債務返済義務がなくなるからです。任意整理・個人再生は場合、減額はされますが、少しずつ役3年ほどをかけて返済していかなくてはなりません。その点自己破産は手続きを終えれば、1からまっさらな状態で再スターをきることができますので、これまでの借金についてもう悩むことはなくなるでしょう。
しかしだからといって、全ての借金が帳消しになるわけではありません。
破産宣告の対象とならない借金というのも存在します。
まずは、ギャンブルや遊興費として作った借金です。
パチンコをするためやキャバクラ、ホストクラブに通うための借金というのは、破産宣告では帳消しとなりません。
また、虚偽の申告をして作った借金も同様です。
収入がないのに、申告のときに収入があるように見せかけたり、名前を偽ったりするなどで借りた借金は、破産宣告後も残ってしまいます。

 

破産宣告を受けるデメリットは

メリットが大きい分、もちろんデメリットも存在します。まず官報に名前が記載されてしまいますので、任意整理などの個人的な手続きに比べると、周囲に知れてしまうリスクは高くなります。大きな財産はすべて手放さなければなりません。
具体的に対価価値が20万円以上のものはすべて処分しなければなりません。
さらに、自己破産をすると、職業の制限がかかります。弁護士や司法書士、警備員など特定のいくつかの職に就くことができなくなってしまいます。
もし現在その種の職種についている場合は退職しなければなりません。
また自己破産は、借金をした際の連帯保証人に迷惑が掛かってしまうこともあります。自己破産手続きを行っても、債務が免除されるのは本人のみですので、連帯保証人はその借金まるまるすべてを返済しなくてはならないということになってしまいます。連帯保証人には親族や友人になってもらうケースが多いため、身近な人に大きな迷惑をかけてしまうという点では大きなデメリットといえるでしょう。

 

破産宣告(自己破産)における注意点

注意
しっかりとした理由があれば自己破産することはそう難しいことではありません。
しかし、2度目の破産宣告は許可が下りる事が少なくなります。これは1度目の自己破産の時に反省をしていないとみなされてしまうからです。
借金をしないようにし、借金が膨らむ前に専門のプロに相談して、借金を増やさない努力をしましょう。

 

自己破産しても借金免責にならない場合とは

自己破産の場合、借金を負った理由が判断基準の一つとなります。任意整理や個人再生ではどんな理由であろうと手続き上問題にはなりませんが、自己破産の場合、ギャンブルや浪費が原因ですと、免責が通らないことがあります。また、手続きを行う上で、所有している財産を意図的に隠したり、特定の債権者のみにこっそりと返済していたりなど、悪意のある行為が確認された場合にも免責が通りません。このような免責を妨げる要因を、免責不許可事由といいます。

 

破産宣告後の周りの対応について

上記のように、いくつかの特定の職種には就けなくなりますが、そのほかの仕事においては特に不都合はありません。一般的に良く誤解されがちですが、住民票や戸籍などにも自己破産を行った旨が記載されることももちろんありませんので、一般的なイメージほどにその後の生活に大きな影響はないかもしれません。

 

破産宣告後のローンは組めるのか

自己破産後は、7年間ローンを組むことができません。さらに、7年経ったとてどんな場合でもローンを組めるようになるわけではなく、その基準はローン会社によってまちまちです。

 

破産宣告後のクレジットカード作成方法

判所を通した債務整理手続きを行うと、ブラックリストに載ってしまうため、クレジットカードも同様で、基本的に7年間作成することはできません。
これも上記同様7年後も、クレジットカードの審査に通るかどうかは、そのクレジットカード会社によって変わります。
ですがネットショッピングなどが支流の現代においてクレジットカードは生活に必要であると感じる人も多いのではないでしょうか。
実は自己破産した後でも所持することのできるカードがいくつかあります。AUWALLETカードや、VISAデビットカードです。
これらは例外的に、破産者でも契約が可能です。AUWALLETは、プリペイド式のカードであり、事前にカードにチャージをすることで使用ができます。
デビットカードは、使用するとその都度銀行の口座から引き落としされる仕組みになっていますので、現金で買い物をしているのと大きく違いはありません。

 

自己破産の費用相場はどのくらいか

金額
自己破産の費用は法律事務所への依頼料と、裁判所へ支払う費用の二つからなります。
依頼費用は、個人の自己破産手続きを弁護士に依頼した場合、大体25万円~40万円程度が相場といえるでしょう。
一方、裁判所へ支払う費用は自身の自己破産が管財事件か、同時廃止かにより大きく上下します。一般的に同時廃止のほうが安く、管財事件のほうが高くなります。
おおまかな費用相場は同時廃止が1万円~3万円、管財事件が20万円~80万円となります。なお、管財事件の費用は人によっては80万円を大きく超えることがあります。

 

自己破産の費用を無料シミュレーションしてみる

多額の債務を抱えた債務者が、債務超過に陥ってそれを救済するための手段である自己破産、自己破産が認められれば債務を返済する日々から解放される反面、資格の制限など法的な制約を受けてしまうデメリットもあります。そして自己破産後に同時廃止事件と管財人事件、これも裁判所の決定によって大きな違いが生じて来ます。 まず同時廃止事件、債務者が破産宣告を行った後、裁判所側に慎重に議論を重ねた結果、時間をかけて自己破産が決定します。しかし破産者に処分出来る財産がない場合、結果的にないものは債権者に振り分けられなくなる訳ですからそこで同時廃止が決定します。同時廃止となった場合、財産の処分と言う手続きは省かれる訳であり、その時間が省略される訳ですから同時廃止が決定した後から免責までの時間は、大幅に短縮できます。 管財人事件の場合、裁判所の判断で管財人が選定されます。完済人はまずない処分出来る財産を選定、選定された財産は競売にかけられます。その財産が処分出来てそれぞれの債権者に振り分けられた事件で様々な手筈を踏んでから免責の申請となります。競売にかけられてから買い手が見つかるまでの時間にもよりますが、免責までの期間は同時廃止の場合よりも長くなることがほとんどです。

自己破産の弁護士を選ぶポイント

弁護士
弁護士を選ぶ際、費用が安いに越したことはないように思われます。
しかし近年は借金問題の費用を分割払いで支払うことができるところが増えてきており、また費用相場自体も下がってきていて債務者が費用を支払やすい環境が整ってきています。
そんな現在、弁護士を選ぶ時に気にしたいことは以下のことになるでしょう。

 

豊富な実績

借金問題の解決実績があるかということはとても重要なポイント!
必ず経験豊富な法律事務所を選ぶようにしましょう。

公式ページに具体的な解決事例が書いてあればgood!

 

費用体系が明確である

弁護士費用が明記されているかという部分も大事。
総合費用が分かりづらいのはなるべく避けるのが無難です。
最初の費用だけかと思ったら、後で追加費用を取られた…なんてことも。
依頼する前に、必ずホームページや無料相談で料金体系を把握しておきましょう。

 

無料相談が出来る

無料相談を利用して、具体的な解決策やどんな手順で進めていくかなどの方針を決めましょう。
また弁護士との相性もあるので、最終的に信頼できる相手かどうかを無料相談で見極めることも大事です。

親身に聞いてくれるか?
いろいろな知識を持っているか?
同じ目線に立って考えてくれるか?
信頼して任せられそうか?

 

自己破産の無料相談をしてみる

 

自己破産したい方向けの事務所

ここで紹介するところは相談料無料の事務所です。
自己破産の経験も豊富なので安心して依頼できます。
メール・電話でも無料対応してくれるので、まずは相談だけでも利用することをお勧めします。

 

借金お助け相談窓口

借金問題に特化
メールからでも電話からでも無料

■電話相談の前に!

※下記のご質問はお受けできません。

・個人間の借金
・税金の相談
・差し押さえの相談
・本人以外からの相談
・他事務所にご相談中の方


 

安心の経験・実績を持つ弁護士事務所です。

  • 365日24時間・全国対応
  • メール・電話相談無料
  • 即日取立ストップ可能
  • 初期費用0円

借金お助け相談窓口に無料相談してみる

 

 

 

弁護士法人サルート

全国どこでも相談可能!
取り立て・督促にスピーディーに対応

■電話相談の前に!

※下記のご質問はお受けできません。

・個人間の借金
・税金の相談
・差し押さえの相談
・本人以外からの相談
・他事務所にご相談中の方


 

全国どこからでも相談できる弁護士法人です。

  • 全国どこでも無料相談
  • 365日24時間受付対応
  • 出張費用0円
  • 費用の分割払いもOK

弁護士法人サルートに無料相談してみる

 

天音法律事務所

女性スタッフ対応で
女性に優しい法律事務所です!


 

女性からの相談に特化した法律事務所です。

  • 女性スタッフ対応・女性限定の借金無料相談窓口
  • 365日相談可能
  • ご家族に内緒で相談できる
  • 初期費用0円

天音法律事務所に無料相談してみる