破産宣告のデメリット|本当に破産宣告していいの?!

債務整理のメリット・デメリット

MENU

債務整理のメリット

債務整理のメリットには、債務整理をしてみれば原則将来利息がカットされますが、通常の取引ではまず利息から元本都住されれますが、債務整理をすれば将来利息はカットされて、元本の未分割で返済するといったことで、それは3~5年ぐらいとなるのです。そして、通常の取引をしているときは、あ消費者金融やクレジット会社は過去に利息制限法を超えるような利率を定めた取引をしていても、引き直し計算には応じないのです。ですが、債務整理をすると必ずキャッシング取引について利息制限法の制限利率へ引き直し計算をしますから、ある程度長い取引をしていた方の時は、相当額債務額が圧縮されるのです。そして利息制限法の制限利率への引き直し計算をしてみたとき、過払い金が発生することがあるのですが、自分で取引履歴を取り寄せて、利息制限法屁に引き直し計算をすると言ったことができますが、結構骨が折れてしまう作業となります。ですが、債務整理を専門家に依頼すると、司法書士や、弁護士事務所で引き直し計算をして、さらに返済請求もしてくれるのです。そして、利息制限法への引き直し計算をしても、相当額債務が残ってくるときがあります。しっかりと調べてください。

~借金早期解決のために~

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理のメリット・デメリット記事一覧

自己破産をすると、クレジットカードが持てなくなると聞いた事はありませんか?この噂、実は本当なんです。自己破産だけでなく、個人再生や任意整理と言った他の債務整理を行っても、その後クレジットカードを作る事は出来なくなります。ローンを組んだりクレジットカードを作ると、その情報は信用情報機関に登録されます。信用情報機関はあまり馴染みのない言葉ですが、この信用情報期間、俗にいうブラックリストの事なんです。債...

一言で債務整理と言っても、いくつかの方法があります。まず、一般的に思いつく方法は、自己破産だと思います。自己破産の場合、不動産などの財産などが一切ない場合は、裁判所の必要経費のみで2万円ほどで済ます事ができます。もし、不動産などの資産があった場合は、プラス経費が必要になってきます。しかし、ほとんどの場合が弁護士のお願いするため、それらの経費は50万円前後考えておく必要があります。次に任意整理です。...

多重債務や自転車操業など、借金の悩みをそのまま放置していても、状況は改善しませんよね。それどころか借金の返済をする為に他の金融会社から、また借り入れをし借金の返済に充ててしまうなどすると、ますます状況は悪化してしまいます。借金の問題は放置せず、早めに債務整理を行う事で解消しましょう!債務整理には自己破産や個人再生、任意整理などの種類がありますが、それぞれ効果に違いがあります。自己破産は皆さんがご存...

債務整理をすると決めても次はどの方法を選ぶかを決めなければいけません。債務整理には自己破産、個人再生、特定調停、任意整理と4つの方法があり、条件やメリット、デメリットもそれぞれ違いがあるからです。自己破産や個人再生は財産を失うなどのデメリットは大きいですが、借金を大きく減らせるので借金の額が大きいという人向きです。特定調停や任意整理は元本を返済する必要があり、それほど大きな減額はできません。その代...

債務整理とは、借金救済措置のことです。借金による負担で日常生活を送ることもままならない方や、借金を返済する為に借金を繰り返している方などが利用するべき救済法案です。いくつかの救済法案があるのですが、法的効力を持つものと法的効力を持たないものがあります。どちらの方法を選択して債務整理を行なうにしても、手続き中は借金の返済義務を一時的に免除してもらえます。一時的に免除してもらっているとしても、遅延には...

債務整理は弁護士と司法書士に依頼することができます。どちらも法の専門家ですから、様々な方法で対処してくれると思います実は弁護士に依頼した方が、大掛かりな債務整理は楽になります。弁護士と司法書士には違いがあり、特に弁護という立場で考えると、断然弁護士の方が使いやすいのです弁護士は裁判などを見ればわかると思いますが、弁護ということをしてくれるのです。債務整理では代弁ということが言えると思います大掛かり...

ついつい借金をしてしまい気づいたら金額が多くなり、高利息によって債務超過に陥ってしまうという人もいらっしゃると思います。その内、毎月の返済が滞り、数ヶ月以上に渡り延滞を重ねると会社からの給料を差し押さえられてしまう場合があります。ただ、延滞による給料の差し押さえでも、全額が対象になる訳ではありません。差し押さえの対象は原則、給料の4分の1、または21万以内の少ない方に止まります。それでも、給料の4...

差し押さえ通知は借金の返済が滞っている場合、送られてくる通知書です。督促状は返済を促す通知ですが、差し押さえ通知書は返済しないと、財産を差し押さえるという事を知らせる通知書なので、差し押さえ通知書が届いたら早めに対処しなければいけません。差し押さえはマンションや車といったものも対象ですが、確実に差し押さえられるという点で、はやり給料がよく差し押さえられるようです。差し押さえられるといっても全ての給...

膨らんだ借金をどうする事もできず、やけになり、そのまま返済せずにほっておくと、裁判所から特別送達が送られてくる事があります。特別送達は、裁判所が送達される文章の内容を事実と認めた時のみ送付されるものです。受け取りを拒否したり放置したりすると、職場に特別送達が届いたり、内容が差し押さえ通知であった場合には、強制的に給料や口座などが差し押さえられてしまう恐れもあります。特別送達を受け取ったら、とにかく...