破産宣告後の生活とは?-自己破産によって失うもの-

破産宣告後の生活とは?-自己破産によって失うもの-

MENU

破産生活後の生活とは? ※破産宣告するまえに

自己破産をしたからと言って人生が終るといったことではありません。法テラスによる法律扶助制度を利用していくことが可能であり、法的に守られている立場で安定した生活を続けられるといったことができます。そしてそれでも自己責任で破産をしてしまったときは二度と同じ間違いを繰り返さないように心を入れ替えて人生を歩むといった必要性があります。そしてもしもの時に助けてくれるような方や期間があるといったことを知っておいて、自分の人生は責任を持ち営んでいくといったことが大人の生活なのです。そして、同時廃止事件と管財事件とに分けられていて、管財事件が同時廃止で不利益をこうむってしまうと言ったことは何でしょうか。破産管財人が選任されて、その分費用が最低約20万円ほど多くかかってくるのです。そして弁護士費用と違い建て替え制度はなくて、予納金で裁判所に払っていくこととなります。そして通常であれば財産が換価される家庭で、一部管財人へと当てているのです。そして東京地裁はこの管財人費用の分割払いができるといったことがあり、人気が高くて、自己破産の申し立てがとても多いのです。そして自己破産の手続きの中で引越しや海外へ行くといったことがあれば、裁判所の許可が必要となってきます。そして免責確定後復権したら、その必要がなくなるのです。

自己破産後の生活について

債務整理である自己破産は裁判所に支払い能力なしと判断されると、
税金等を除くすべての債務の支払いが免除される手続きです。
マイホームや99万円以上の現金、20万円以上の預貯金など、
一定以上の価値のある財産は差し押さえられて債権者への返済に充てられます。
しかしすべての財産を失ってしまうわけではないので、ある程度の現金、預貯金さえあればすぐには生活に困りません。
ブラックリストに載ってしまうので約5~10年間は新規のローンを組んだり、クレジットカードの作成ができません。
しかし期間が過ぎればまたできるようになります。
国が発行する機関誌である官報に住所氏名が載りますが、一般の方が見ることはほとんどありません。
警備員や士業など一部就けない職業がありますが、免責決定されればまた就けるようになります。
ギャンブルや浪費が原因の借金は免責不許可事由に該当しますが、必ずしも自己破産できないわけではありません。
裁判官の裁量によって認められることがあるので、ギャンブルや浪費でつくった借金だから駄目だろうと諦める必要はありません。
自己破産されると借金のない生活がまた送れるようになりますが、
デメリットも大きいので個人再生や任意整理といったほかの手続きで駄目だったときの最後の手段に選ばれると良いです。

~借金早期解決のために~

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法