自己破産したら連帯保証人への影響は?※破産宣言による影響

自己破産したら連帯保証人への影響は?※破産宣言による影響

MENU

自己破産したら連帯保証人への影響は?※破産宣告する前に

自己破産とは?

自己破産というのは、どうしても借金返済が不能になった時に全ての債務をゼロにして人生の再スタートができ、辛い借金地獄から唯一逃れられる方法でもあります。

 

自己破産の前に!

ただ、その時点でどうしても見落としてしまいがちになる点が、多額の借金を背負っている人ほど連帯保証人を立てている事実です。

 

あなたが自己破産すると連帯保証人に一括請求が…

実は債務者本人が破産申し立てをして、無事に免責許可を貰って返済義務から解放されたとしても、今度は保証人の方へ債務請求が集中してしまう事になるのです。

 

破産宣告の前に連帯保証人と話し合う事

ですから自己破産を決定する事は、決して自分1人で決められる事ではなく、保証人となってくれた人に対しても事前に正直に事情を話して意見を聴取すべきなのです。

 

もし連帯保証人にも破産者の債権を支払う能力がない時は、同様に自己破産する事態になり、今まで築いてきた信頼関係が揺らいでしまう可能性だってあります。

 

ですから、サラ金や金融機関の連帯保証人に安易にならない事が普段から推奨されており、保証人に日頃から説明を怠っていると破産者にとっても大きなダメージになり得ます。

 

連帯保証人には「求償権」という権利がありますが、これは債務者の代理で借金を肩代わりした時に、債務者に返済を求める事が可能な制度です。

 

ただ残念ながら(求償権)は、自己破産をした人から支払った金額を請求するのは非常に難しいのが現実。

 

いずれにしても保証人との関係にも亀裂が生じかねない状況になるのです。

 

自己破産以外の選択肢


⇒無料シミュレーターはこちらから

 

プロに相談してみるのが解決のカギ!

自己破産は借金苦から一気に解放されるメリットがありながら、かけがえの無いモノを失うデメリットが数々あるので、弁護士や司法書士に相談して一緒に弁済できる方法を考えるのが賢明な方法になります。