自己破産したら奨学金はどうなる?-支払い義務のあるものについて-

自己破産したら奨学金はどうなる?-支払い義務のあるものについて-

MENU

自己破産したら奨学金はどうなる?※破産宣告する前に

最近では、高校や大学に進学するために奨学金を借りる方も珍しくありません。
大学生にいたっては、約半数もの学生が奨学金を受給しているというデータもあります。

 

しかしその一方で、奨学金が返済できずに困っている方が多くいらっしゃるのも事実です。
最悪の場合、奨学金を返せずに自己破産せざるを得ない状況に陥ってしまうケースもあります。

 

今すぐ無料相談したい方は

サルート法律事務所
365日・24時間無料対応!

弁護士法人サルート
⇒弁護士法人サルートに無料相談してみる

■相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
  • 個人間の借金
  • 税金の相談
  • 差し押さえの相談
  • 本人以外からの相談
  • 他事務所にご相談中の方

 

そもそも自己破産するとどうなるの?奨学金は?

疑問

個人が自己破産する場合は原則として、
納付義務のある各種税金を除いた貸金業者や銀行からの借金は全てゼロになります。

自己破産で免責されるもの:奨学金も対象

借金している奨学金の返済義務がどうなるかについてですが、これも破産の免責対象になるので、免責許可が下りれば返済する必要が無くなります。
このように自己破産は借金を免責してもらうえる便利な行いではありますが、しかし一方で大きなデメリットも負っています。

 

自己破産する際に気をつけるべきこと


自己破産の際に気を付けたいことは、保証人または連帯保証人に迷惑がかかることです。
債務者が自己破産してしまうと、その借金がまるまる保証人や連帯保証人にかかってしまいます。
奨学金の借り入れ契約の場合、保証機関の利用をしていない人は、殆どが家族を含む親族に保証人になってもらっている筈です。
もし奨学金の借主が破産する事態になると、連帯保証人や保証人に奨学金の残額請求が一括でいきます。

 

したがって、くれぐれも返還途中の人は保証人に予め丁重に説明した上で自己破産する必要があります。

 

それでも奨学金の残額を保証人が代理で支払う意思を見せてくれるのなら、負担を減らすためにも速やかに奨学金を貸している債権者に分割返済に変更できないか交渉する事をお勧めします。

自己破産というのは、たとえ債務者本人が奨学金の返済免除の恩恵を受けたとしても、保証人または連帯保証人が代理で支払う義務は残るので十分注意しておきましょう。

自己破産についての無料相談はこちらから

 

奨学金だけ返済することは可能?

保証人の為に奨学金だけ通常通り返済を行って、他の債務だけを自己破産するという都合の良い事は基本的にできません。
そのためどうしても自己破産以外に方法がない人でないならば、自己破産意外の選択肢で債務の返済をしていくのが望ましいです。

自己破産以外の方法を取りたい方はこちら

 

奨学金の返済が出来ないなら…

一時的に返済不能な場合

もし一時的に奨学金の支払いが厳しい状況であれば、まずは支払い期間の猶予申請を問い合わせてみましょう。

 

長期的に返済不能な場合

長期にわたって支払い不能なのであれば、自己破産を含めた債務整理を検討しましょう。
債務整理とは、借金の返済額を減額してもらう手続きや自己破産のように借金を免責してもらう手続きのことです。
債務整理は一人で出来ないこともないですが、手続きが複雑な場合もあるので弁護士に相談する事をお勧めします。

奨学金の債務整理について弁護士に無料相談する

 

奨学金のことで無料相談したい方は

相談
ここまで、奨学金は自己破産で免責にすることができるが、保証人に迷惑がかかり、できるのならば他の方法を取るのが望ましいということを述べてきました。
しかし奨学金を自己破産するべきかどうかは人によっても異なり、本当は自己破産しなくても借金問題を解決できた、といったことも出てくるかもしれません。

 

そこで奨学金の返済のことで困っている方は弁護士に相談することをおすすめします。
専門家の方と相談することを通して自分にとっての最適な答えがきっと見つかるはずです。
事務所によっては奨学金問題について電話やメールからでも無料で相談にのってくれるところもあるのでまずは相談してみましょう。

 

 

天音法律事務所