自己破産を無料相談出来る弁護士事務所は?-ひとりで抱え込む前に-

自己破産を無料相談出来る弁護士事務所は?-ひとりで抱え込む前に-

MENU

破産宣言の無料相談が出来る弁護士は?【365日24時間】

サルート法律事務所

無料相談、申込数第1位

弁護士法人サルート
⇒弁護士法人サルートに無料相談してみる

■相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
  • 個人間の借金
  • 税金の相談
  • 差し押さえの相談
  • 本人以外からの相談
  • 他事務所にご相談中の方

 

依頼するまで何度も相談無料
  • 債務に関する相談は何度でも無料
  • 電話相談・メール相談も無料
  • 24時間365日対応
  • 初期費用0円でOK!
  • 即日対応可能

 

天音法律事務所

 

東京ロータス法律事務所

ヤミ金からの借金にも対応!

 

 

  • 即日対応可能※取立すぐにストップ
  • 24時間・365日対応
  •  

    破産宣告の無料相談

    自己破産は誰でも手続きができ、抱えている借金の支払いが法的に免除されるので、返済ができないと考えた時にすぐに連想されることと思いますが、安易な判断は禁物です。借金を支払う義務がなくなる代わりにそれなりのデメリットがあるからです。まず、どのようなデメリットがあるかというと信用情報に名前が乗ることになります。大体10年を目処に自己破産した方の名前が信用情報に名前が乗るので、ローンやリースなどの申込ができなくなりますし、クレジットカードを発行することもできなくなります。日常の生活でも高額の買い物を分割で買うこともあるでしょうが、そういったことが一切できなくなりますので、かなり不利になります。また、所有している財産も差し押さえられます。たとえばマイホームや車などもローンの残債のありなしに関わらず差し押さえられますので、生活に必要なものの多くが手元から失われます。また預貯金も一定以上の金額があった場合、差し押さえの対象となりますので、最低限の生活費しか残りません。つまり自己破産後は何もないところからスタートです。これだけ見てもかなり悲惨な生活が予想されます。払えないから自己破産、という考え方ではなく、まずは専門家に相談するなどして適切な対応を取ることを第一に考えましょう。 自己破産によってこれまでの借金の支払い義務がなくなるので、「最悪自己破産をしよう」などと安易に考えられがちですが、自己破産はそれほど甘いものではありません。借金の支払い義務がなくなる代わりにそれ相応のデメリットもあります。たとえば、財産を失うデメリットがあります。自己破産をするにあたって、持っている財産のほとんどを差し押さえられます。土地、住居別荘などの不動産資産、また、一定金額以上の預貯金や株券、有価証券、貯蓄型保険の解約返戻金、資産価値20万円以上のマイカーなどこれらのすべてがなくなってしまいます。このように考えると借金がなくなったとはいえ、その後の生活はかなり悲惨な状態になることは目に見えています。また、残された家族のことを考えてみると預貯金を差し押さえられているので、お子さんの教育資金もなくなることになります。まだお子さんが小さい場合、小学校から大学までの生活資金がない訳です。そのため、多くのケースでは離婚をして母親が育てるということもよくあります。このように軽はずみに自己破産を考えられますが、本当に自己破産しかないのかということを考えることが第一です。そのためにも弁護士や司法書士などの専門家に相談しましょう。

    最終的な判断として利用される自己破産の相談について

    大きな債務を抱えてしまった方の中には、借金の返済を続けていくことが困難になるケースがあります。少額の場合では有職者ならば、何とか支払いを継続させる方法もありますが、仕事をしていない方や、あまりに多額の債務を持っている方の場合では、最終的な判断として自己破産の道を選択することがあります。自己破産を選択することに関しては、人によって差が生じる内容を持っていますが、メリットとしては借金をゼロにすることが可能とされていることになり、給料などの差し押さえをされることも無くなることになります。一定の資産価値を持っているものに関しては、売却を行ってお金に変えることが必要とされていて、例えば自動車や住宅等の不動産も含まれます。絵画や陶器などの生活雑貨であっても、価値を持っているものは全てを失うことが前提になります。しかし、自己破産で得られるメリットは大きく、悩み事から解消させることもでき、新しい生活をスタートさせるためにも効果的になります。この点に関しては弁護士事務所等に相談することが先決になり、裁判所の許可を取ることが必要とされています。弁護士への相談に関しては、現在では無料相談を実施している場合も多く見られるために、ホームページなどを参照してから依頼してみることがおすすめになります。自己破産の場合では一定の期間を借金を作ることができないルールになっていますが、新しい生活基盤を設けるためにも重要な内容を持っています。