自己破産とは※メリットとデメリットは?-再出発への道-

自己破産とは※メリットとデメリットは?-再出発への道-

MENU

自己破産とは※メリットとデメリットは?|本当に破産宣告していいの?!

債務生理には様々な種類があります。その中でも特に耳にする事が多いと思われるものに、自己破産が挙げられます。他の債務整理が比較的に気軽に行う事ができるものなのに対し、この自己破産は気軽に行う事はできません。というのも、自己破産は自分の財産を全て手放す代わりに、債務をゼロにするというものなのです。ですから決断としてはかなり大きいものになる事でしょう。
とは言え、生活に必要な10万円以下のものは手元に残す事ができ、生活ができなくなるというわけではありません。この自己破産が必要になるのは、借金で首が回らなくなってしまった時ですから、メリットも多いものだと言えるでしょう。やはり苦しめられていた債務がゼロになるというのは、人生の再スタートを切る大きなきっかけになります。そのような状況かでは既に財産などもほとんどないという状態が多いですし、必要な時には思い切って行うという事も必要になってきます。
ただし、自己破産後には金融系のブラックリストに乗ってしまいカード類が作れなくなったりローンが組めなくなったり、そういった事が起こります。また、二度目の自己破産は7年たたないとできませんから、そこにも注意が必要でしょう。

自己破産とは、債務超過に陥った債務者が、裁判所に破産を申請、裁判所から認定された際に初めて自己破産が成立します。そして、自己破産後の銀行口座について説明します。

まず債務者のデメリットについてですが、官報に破産の事実が記載される事、資格、この場合は主に職業の事を指しますが、それが制限されてしまう事、旅行や引っ越しの際にはその行き先、転居先を申告しなければならないと言うデメリットが生じます。

そして、これは他の債務整理全てに言える事なのですが、信用情報期間に債務整理の事実が記載されてしまい、その間、消費者金融からの借り入れや、ショッピング時のローンを組むのが難しくなってしまいます。

銀行口座の開設についてですが、一言で言ってしまえば、特に問題はありません。と言うのは、銀行が信用情報期間を利用する機会として、カードローン、ショッピングローン、住宅ローンは審査で利用するのが主で、それ以外の用途で信用情報期間を利用すると言う事は皆無と言って良いでしょう。

つまりお金ん借り入れる訳ではなく、銀行にお金を預ける為の口座開設ですから、信用情報機関を利用する事はないので、銀行口座開設については何ら問題ありません。

~借金早期解決のために~

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法