破産宣告の時効とは?-消滅時効について-

破産宣告の時効とは?-消滅時効について-

MENU

破産宣告の時効とは?~破産宣告から復権まで~

自己破産はどうしても借金が返せない方が利用することが出来る制度です。しかし中には故意に借金をした方もいて、そういう場合は自己破産ができない場合があります。
もしどうしても自己破産しか救いの道がないと考えている方は一度弁護士に相談して、自分に資格があるのか、他に手は無いのかという事を調べる必要があります。
それでは無職の場合は自己破産はできるのでしょうか。自己破産の基準には職業による制限は特に有りません。それは無職でもニートでもフリーターでも行う事が出来ます。しかし、その後は職に制限がかかる可能性があります。破産をすると、警備業や保険募集人、弁護士、司法書士等の一定の資格が必要な職に至っては免責が確定して復権するまでの間はその資格を喪失する事になります。
もちろん社会的信用も無くなり、カード会社やローン会社のブラックリストにも含まれるので、クレジットカードの作成やローンの申請も組む事が出来ません。出来る限り自分で返していくことが望ましいでしょう。もちろん無理なこともあるかもしれませんが、弁護士さんと話合えば自己破産以外の道がある可能性があります。もちろん無職でも自身の貯金や財産があり、裁判所の判断で返済が可能とわかった場合には免責が降りない可能性がありますので、まずは自分の身の回りを見直すことも大切です。

自己破産後の再就職について

自己破産されれば離職されている方はます就職活動をしていくといったことがあって、生活の基盤になる収入を得るといったことが大事です。そして自己破産をしたからと言って、再就職に不利になってくるといったことはほとんどないのです。また、面接時に自己破産をしたといったことを企業側が知っているといったことも考えられません。そして漢方には掲載されるのですが、それをじっくりと見ている方もほとんどないでしょう。そして自己破産の破産決定から免責が下りるまで、手続き期間はいくつかのお仕事については制限を受け働くといったことができなくなるのです。ですが免責が下りれば、復権といい、特定の職業に着けることが可能です。そして、就職できないような期間が続くといったことがあれば、生活保護の受給を検討してください。市役所などで受給申請できます。いずれにしてもまず生活基盤となる収入を確保してください。また、病気により離職をして自己破産に至ってしまうような方も少なくなく、がんやうつ病など障害認定を受ければ障害年金を受給すると言ったことができます。ですが国民年金や厚生年金に加入し、保健の未納がないといったことが条件となっています。障害年金の受給も検討してみてください。

~借金早期解決のために~

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法