準破産宣告ってなに?-破産宣告との違い-

準破産宣告ってなに?-破産宣告との違い-

MENU

準破産宣告ってなに?

まずはじめに破産宣告は個人・法人両方できる

会社が倒産するときに破産宣告をしたり、個人が借金を返すめどが絶たない場合に破産宣告をし、自己破産するという流れになります。

 

準破産宣告とは

法人が破産宣告する際に、決定権をもつ人(役員や株主など)の決定が必要ですが、完全に意見が一致しないまま破産手続きを行うことができます。それを準破産宣告といいます。

 

個人が一定以上の資産を有していく時に破産申し立ての時に99万円を超える現金や換価して20万円を超えるよな財産を持っているときは、破産管財事件になるのですが、したがって住宅を保有する個人が破産手続きを選択すれば原則破産管財事件になってくるのです。

 

そしてこのときに、大幅なオーバーローンの場合には、同時廃止として扱われるようなケースがあるのです。
また、債務者の財産状況が不明確な場合には、財産状況が不明確の時に、破産管財人が財産状況を解明していくときに調査をしていくといった必要性がありますから、管財事件となります。

 

そして債務者が法人代表者や元代表者である時には、破産管財人による資産調査が必要となりますから、原則破産管財事件となり、このときは代表者または元代表者は、法人とセットで破産申し立てをしていくといったことが原則となります。

 

そして債務者が個人事業者の時はこのときも破産管財人によるような資産調査が必要になっていますから、原則破産管財事件となるのです。
また、免責不許可自由の存在が疑われるようなときは債務者が免責不許可事由に該当する行為をすれば、当該債務者は免責を得るといったことができなくなるのです。

~借金早期解決のために~

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法