個人再生をする場合-必要費用のこと-

個人再生をする場合-必要費用のこと-

MENU

個人再生をする場合にかかる費用について

借金の問題を解決できる債務整理には色々な種類がありますが、その中でもマイホームを持っている方にメリットがあると言われているのが、
個人再生という債務整理です。

個人再生は2001年に制度が始まった、比較的新しい債務整理で大幅に元本を減らし、残った借金を原則3年間で返済するのが特徴となっています。
個人再生の最大のメリットと言われているのが、住宅ローンを維持しながら借金を整理できるという点です。
5000万円以下の借金でないと、個人再生を利用する事は出来ませんが、自己破産のように家などの財産を手放さずとも借金を整理できる個人再生は、
マイホームを持っている方にお勧めの債務整理と言えるでしょう。

個人再生は弁護士や司法書士に、申請を依頼するのが一般的です。
弁護士に個人再生を依頼した場合、平均して30万円から60万円の費用が、司法書士に依頼した場合は20万円から30万円の費用が掛かります。
このように個人再生を弁護士や司法書士と言った専門家に痛いすると、費用が高額になってしまうケースがあるのですが、全て自分で行うと費用はかなり抑えられます。

自分で申請すると、申立手数料として収入印紙が1万円、予納金が1万2000円程度、そしては個人再生委員を選ばなければならない場合、その報酬に20万得程度が必要です。
個人再生は自分で行うと費用を抑えられるのですが、手続きが複雑なので弁護士や司法書士に依頼した方が、スムーズに借金を整理できるでしょう。

~借金早期解決のために~

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法