個人再生後のクレジットカード※知っとくべき今後の生活

個人再生後のクレジットカード※知っとくべき今後の生活

MENU

個人再生後にクレジットカードは作ることが出来るのか?

個人再生を行うと、クレジットカードを作ることが出来るのか…。

個人再生を行ってしまうと最低5年~10年は作ることができません。

 

個人再生できになる悩み
  1. 個人再生をし、負債も完済してから数年が経過しているが、クレジットカードやローンの審査が通らない…。
  2. 家族に内緒でできないか

このような、悩みをお持ちの方が多く見られました。
ここでは、そんな個人再生やその後の生活に関して、多くの方が悩んでいることをまとめてみました。

 

まずは匿名無料のシュミレーターで、債務整理について無料診断をしてみましょう。
  • 過払い金や債務整理の改善法を診断
  • 自分の負債額等によって、解決法も様々
  • 専門家にいきなり相談は不安で怖い…
  • 3つの質問に答えるだけで債務の減額方法や月々の返済額がわかる
  • 24時間相談受付

↓無料シュミレーターで診断するならこちら↓


⇒無料シミュレーターはこちらから

 

 

個人再生後の生活ってどう?

 

個人再生後にカードやローンは利用できる?

まず、多かった疑問がクレジットカードやローンについてです。
数年前に個人再生をして、支払いも終了した。
いま、車や生活のためにカードを作りたいが、審査が通らない。
いつになったら、カードを作ることができるようになるのか?

 

個人再生をするとカードが利用できなくなるワケ

まず、個人再生を行うと信用情報機関に債務整理を行った事実が登録されてしまうため、社会的な信用が失われてしまいます。
そのため、クレジットカードは作れないのです。

この先クレジットカードを作ることは不可能?

一生クレジットカードを作れなくなるわけではありません!
個人再生の場合、返済後約5年から長くて10年経過すれば、また新しく作ることが可能です。

 

 

それでも審査に通らない場合

それでもカード類の審査が通らない場合は、以下の3つの理由が考えられます。

 

グループ企業同士での情報交流

個人再生を行った企業と系列企業は、債務整理を行ったという情報を共有しているます。
そのため申し込みをしても否決になる可能性があります。

 

ネット官報を照合する場合

審査時にネット官報を照会し、個人再生(完済)後年数が開くほど審査は緩くなります。
しかし、一度官報に掲載されてしまうと通らないクレジットカード会社もありますので、注意が必要です。

 

半年以内に他社のクレジットカードに申し込みをしている場合

半年以内に他社のクレジットカードに申し込みをしてしまうと、審査が通らないクレジット会社も多くあります。

 

家族や周りに内緒で個人再生はできる?

次に、個人再生を検討するにあたって、「家族に内緒で行うことはできないのか…。」とお考えの方が多くいらっしゃいました。
家族に内緒で…。確かに、債務など人には話しにくい内容ですので、隠していたいと考えるのも分かります。

 

しかし、個人再生となると、裁判所からの通知等でご家族が知ってしまうことも少なくないのです。

 

任意整理であれば、裁判所を通さないため弁護士さんや司法書士さんとの話し合いで内緒にすすめることも可能です。
個人再生や、自己破産となれば、裁判所を通してしまうため、ご家族には事前に相談して理解を得ておくことをおすすめします。

 

また、同居されていないご家族の場合、住民票や戸籍謄本には記載されることがないため、内緒にしておくことができます。

 

結論

個人再生後にクレジットカードを作ることは出来るのか…?

個人再生後のクレジットカードは作ることができません!

なぜなら、信用情報に記載されているからです。

しかし、一生作れないわけではありません。
返済後、最低でも5年~10年(個人差があります)は作ることができません。

10年以上経過しているのに審査が通らない場合3つの可能性があります。

  1. グループ企業同士の情報交流
  2. ネット官報を照合
  3. 半年以内に他社のクレジットカード申請をしている

 

 

 

債務整理で悩んだらまずは無料相談

サルート法律事務所なら

  • 年間実績5000件以上
  • 24時間365日対応
  • 取立て即日ストップ
  • 相談無料

 

↓弁護士の無料相談はこちら↓

弁護士法人サルート
⇒弁護士法人サルートに無料相談してみる

■相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
  • 個人間の借金
  • 税金の相談
  • 差し押さえの相談
  • 本人以外からの相談
  • 他事務所にご相談中の方

個人再生後のクレジットカード|本当に個人再生するべき?

自己破産をしたらクレジットカードを、作れなくなるという事はよく耳にしますよね。
では、個人再生の場合はどうでしょう?

個人再生とは借金の額を大幅に減額し、原則3年間で返済する債務整理です。
住宅ローンを維持しつつ借金を整理できる為、個人再生はマイホームがある方に、向いている債務整理と言われています。
2001年に制度がスタートした比較的、新しい債務整理ですが借金問題を大きく解決してくれるでしょう。

さて、個人再生を行った後、クレジットカードを作れるかどうか?という事ですが、結論から言うと個人再生後にクレジットカードを作る事はできません。
個人再生を行うとブラックリストに載ってしまうので、クレジットカードを作れなくなってしまうんです。
ブラックリストという言葉を聞いた事がある方も多いと思いますが、実はブラックリストというリストは、実際に存在していません。
ローンを組んだりクレジットカードを作ると、信用情報機関にその情報が登録されるのですが、この登録された情報がブラックリストと言われているのです。

個人再生を行うと、信用情報機関に借金を整理した事実が登録される為、社会的な信用が失われクレジットカードを作れないのです。
しかし、一生作れないという訳ではなく個人再生の場合、約7年から10年経過すれば再び作る事が出来るようになりますよ。

~借金早期解決のために~

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法