個人再生の不許可※本当に必要か考えよう

個人再生の不許可※本当に必要か考えよう

MENU

個人再生の不許可|本当に個人再生するべき?

個人再生という、債務整理の方法をご存じですか?
個人再生は2001年に制度がスタートした、比較的新しい借金の整理方法なので、あまり馴染みが無いという方も、多いのではないでしょうか?

この債務整理は自己破産のように全ての借金が、ゼロになるという事はありませんが、原則として借金が5分の1にまで減額されるのが特徴です。
大幅に借金が減るので月々の返済もしやすくなりますし、自己破産とは違い個人再生は家などの財産を没収されないという点も、メリットと言われています。
しかし個人再生を申請したからといって、必ず借金が整理できるという訳ではありません。
個人再生が認められないケースもあるので、その点は注意する必要があります。

まず、個人再生は5000万円以下の借金でなければ、適応されない債務整理です。
ですので50000万円以上、借金がある場合は個人再生を行う事はできません。

そして個人再生は原則として3年で、完済を目指す債務整理ですので、継続的な収入が無い方も個人再生は認められません。
無職の方などは任意整理や自己破産など、他の債務整理の方法を考える必要があります。

個人再生は今後どのように返済をしていくかなどを計画した、再生計画案を提出しなければいけないのですが、この計画案があまりにも現実味のないものだと、
裁判所で認められないので個人再生を行う時は、しっかりとした再生計画案を作りましょう。

このようなケースで個人再生が認められない場合があるので、自分は当てはまっていないかチェックする事が大切です。

~借金早期解決のために~

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法