任意整理のメリット・デメリット※しっかり理解しておこう

任意整理のメリット・デメリット※しっかり理解しておこう

MENU

任意整理のメリットとは?

任意整理は数ある債務整理の中でも、裁判所が仲介する事なく、直接債権者と借金・利息減額の交渉をする事で抱えている借金を軽減する方法です。
利息が高すぎて返済がままならなくなってしまった、少額ずつだけど頑張って返済する意思のある人には、任意整理は一番円満な方法とも言えます。
任意整理ができる人は、民事再生と同様に定職があり、安定収入が絶対条件です。
任意整理を選んだ場合、弁護士は債権者に取立てを中止させる事が出来るほか、債務者との取引履歴の開示を請求できます。
その取引履歴に残ったデータを参照し、利息制限法をベースにした引きなおし計算をする事で、払いすぎた利息が戻ってくる可能性が高くなるのです。
任意整理では、支払い過ぎた金額分を元金として返済し、残りの借金を分割払いで返していく事になります。
任意整理の手段を取れば、殆どの債権先の金融機関は利息カットを承知で、分割払いで了承してくれます。
また利息が高すぎて返済できない債権者に限定しての任意整理も可能になっており、整理した履歴も官報には掲載されません。
更に裁判所を通す手間がないので、何通もの書類を作成する必要がなく、周囲にもバレるリスクが最も少ないです。
任意整理なら、3~5年かけて分割返済していくので、決して無理する事なく余裕を持った返済計画が立てられます。

任意整理について

債務整理の一つである任意整理は裁判所を通さずに任意で債権者と交渉し、
借金の減額や将来利息のカット、原則3年から5年の分割返済を認めてもらえるようにする手続きです。
利息制限法に基づいて利息の再計算が行われるので、消費者金融など貸金業者に払いすぎていた利息があれば戻ってきます。
専業主婦の方でも任意整理を選ばれると借金の減額ができます。
夫や家族にも知られずに債務整理を行えます。
任意で交渉ということになるため、債権者が任意整理に応じようとしない場合があります。
借金の減額幅も自己破産や個人再生よりは少額となります。
ブラックリストにも掲載されてしまい、新たなローンやクレジットカード作成はしばらくの間できません。
自己破産を選ぶと借金はすべて無くなりますが、マイホームやマイカーは失ってしまいます。
マイホームを失ってしまうと家族にも迷惑がかかりますし、連帯保証人になってくれた人へ請求が行ってしまいます。
自己破産は最後の手段として、なるべく任意整理で借金問題を解決されたほうが良いでしょう。
個人の方で手続きを進めたり、債権者と交渉するのは難しいので専門家である弁護士か司法書士にご依頼してみて下さい。
依頼されると債権者は取り立てができなくなります。これだけでもかなり精神的に楽になります。

~借金早期解決のために~

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理のメリット・デメリット※しっかり理解しておこう記事一覧

任意整理の手続きは、基本的に法律事務所の弁護士や司法書士に依頼すると、債務者は複雑な交渉事・書類作成の殆どを委任する事ができます。任意整理をする際は地元の法律事務所にまず相談予約をし、直接弁護士に面談して、詳しい債務の状況や債権者の情報などを全て説明します。弁護士が任意整理の手続き依頼を受任した時点で、債権者に受任通知と共に取引履歴の開示請求通知が送られます。この時点から、債権者は債務者への取立て...

任意整理とは債権者と交渉することで借金の額を減らしてもらう債務整理のひとつです。金利を再計算することで払い過ぎていた金利分を元本から差し引き、さらに未払い金利や遅延損害金、これからの金利などをゼロにしてもらって残った元本を返済することを約束することになります。任意整理では原則として元本を返済しなければいけないので、安定した収入があり、継続した返済能力があることが絶対条件になります。平均的なものでは...

借金をして月々の利息分を支払うのが精いっぱいで、元本がなかなか減らないという借金の悩みを、持っている方もいるのではないでしょうか?このような借金の悩みを解決する場合、任意整理と言う債務整理の方法がお勧めですよ。任意整理は自己破産とは違い、借金はゼロにはなりませんが将来の利息分がカットされたり、借金の額が減る、また場合によっては過払い金が帰ってくるケースもあるのが特徴です。どのくらい任意整理で借金が...

借金をしてしまい毎月返済しているけれど、なかなか元本が減らないという方も少なくありません。このような借金の悩みを解決してくれるのが、債務整理です。債務整理というと自己破産を思い浮かべる方もいるかと思いますが、債務整理は何も破産だけではありません。返済の意思があり、少しずつでも返したいという方に、向いているのが任意整理という債務整理の方法になります。任意整理は自己破産のように、借金がゼロになる訳では...

任意整理は利息カットや、利率の引下げ過払いがあった場合は、交渉で返還を求める事が出来ます。過払いの返還以外、借金総額が交渉だけで減るということはありませんが利息のカットや利息の引下げが行なわれれば、借金が減ったのと同等の効果が期待出来ます。利息のカットと言う結果を得られた場合、利息を払う事無く元本だけを返済していけば良いのです。返済は3年~5年掛け、それまでに完済しなくてはならないのです。任意整理...

任意整理をするとその後数年間は住宅ローンが組めなくなるといわれています。子供が大きくなるから大きな家に引っ越したい、老後のために家を買いたいなど希望があっても、任意整理をするとローンが組みにくく住宅購入が難しくなるケースがあります。住宅ローンを組む場合、ローン会社は信用情報機関の情報を参照して判断しています。任意整理をすると信用情報機関に5~10年情報が載ります。その期間はローンを組むのが難しいで...

借金の問題を解決できる債務整理といえば、自己破産が1番有名ですよね。自己破産は借金問題を解決する代名詞のように使われますが、実は借金を整理できる制度は自己破産だけではありません。債務整理には自己破産以外に個人再生や、任意整理という種類があるので、まずは自分の借金ケースに合った債務整理の方法を探す事が大切なんです。任意整理は、あまり聞きなれない債務整理かもしれませんね。任意整理は自己破産のように、借...

任意整理をすると、どれくらい借金の返済は変わるのかについて説明します。何もしない場合に比べて、任意整理はそれなりの金額を減らすことができます通常は金利と呼ばれるものを追加で返済することが求められますが、任意整理を行うと返済義務が消滅します。従って余計なお金を返済する必要はありませんまた現在の金利について調査を行い、適正な金利まで引き下げることになります。これにより一部の利息は消滅することになります...

借金が膨らんでしまって返済が困難になり催促に悩まされている方は、債務整理の手続きを進めてみて下さい。債務整理には任意整理や自己破産、個人再生などの方法があります。任意整理では利息制限法に基づいて利息を引き直し計算することで、余計に払いすぎていた利息分が戻ってくる、借金が減額される、将来利息がカットされて月々の返済が楽になる、裁判所を通さないので家族に知られずに債務整理ができる、マイホームなどの財産...