任意整理の手続き方法※流れ・期間について

任意整理の手続き方法※流れ・期間について

MENU

任意整理の流れ

任意整理の手続きは、基本的に法律事務所の弁護士や司法書士に依頼すると、債務者は複雑な交渉事・書類作成の殆どを委任する事ができます。
任意整理をする際は地元の法律事務所にまず相談予約をし、直接弁護士に面談して、詳しい債務の状況や債権者の情報などを全て説明します。
弁護士が任意整理の手続き依頼を受任した時点で、債権者に受任通知と共に取引履歴の開示請求通知が送られます。
この時点から、債権者は債務者への取立てが禁じられ、弁護士は取り寄せた取引履歴をもとに利息制限法の利率に引き直す計算作業が始まります。
引きなおし計算で算出された金額が正式な債務額として確定され、請求額の過払いが生じている場合は、債権者に請求措置をとります。
それから、債務者が今後返済していくプランとなる和解案を作成し、債権者への調査結果もふまえて、直接債権者との和解交渉に持ち込む流れになります。
作成した和解案で、債権者からの合意を得られた場合は和解成立とし、弁護士は正式な和解書を仕上げに入ります。
そしてこの和解書に沿ったプランで、債務者は約3年間、弁護士を通して債権者への返済がスタートするわけです。
手続きにかかる期間は取引履歴が速やかに開示されれば約2ヶ月程になり、整理する債権者が少なければ少ないほどに時間は短縮されます。

~借金早期解決のために~

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法