任意整理とは?※しっかり理解しておこう

任意整理とは?※しっかり理解しておこう

MENU

任意整理とは?する前に知っておきたいことはコレ!!

任意整理とは債権者と交渉することで借金の額を減らしてもらう債務整理のひとつです。金利を再計算することで払い過ぎていた金利分を元本から差し引き、さらに未払い金利や遅延損害金、これからの金利などをゼロにしてもらって残った元本を返済することを約束することになります。
任意整理では原則として元本を返済しなければいけないので、安定した収入があり、継続した返済能力があることが絶対条件になります。平均的なものでは、残った元本を3年で完全に返済できるかどうかがひとつの目安となるでしょう。返済能力が必要という点では、特定調停による和解や個人再生と共通しています。一方で自己破産は全額借金が免除されるので返済能力は必要ありません。
任意整理の利点として、自己破産や個人再生のように財産を手放す必要がない、という点が挙げられます。任意整理は裁判所に申し立てて強制的に債務を減額、免除する手続きではないため、本人にどれだけの財産があるかどうかは関係ないのです。きちんと元本を返済する必要はありますが、家や車を失うことはないため、財産面ではほぼデメリットのない債務整理といえるでしょう。
ただし、法律による強制力がないので借金が減るかどうかは交渉の結果次第です。経験豊富な弁護士などに依頼する必要があるでしょう。

任意整理とは、債務者が債権者に対し、支払額の減額と利息の見直しを話し合い、双方同意のもとで解決していく整理方法で、主に債務が少ない場合はこれを用いる事が多い様です。
これは、弁護士に依頼する場合がほとんどですが、個人で交渉することも出来、公的は書類も必要はありません。
他の債務整理との違いについて説明します、まず債務整理の方法として、特定調停、個人再生、自己破産と任意整理を含めて4つあります。任意整理以外の3つについてはそれぞれ裁判所に申請すること、また場合によっては公的な書類が必要な事が挙げられます。その点任意整理には特にそう言ったものは必要ありません。しかし債権者がそれを求めれば例外もあるようです。もう1つ任意整理はあくまでも債務者と債権者双方、同意だけで成り立つ事に対し、他の3つの債務整理については裁判所の決定によって成り立つ事です。しかし自己破産の場合は債務超過に陥った原因等を裁判所が調べ、その判断で決定するものなら、個人再生、特定調停についてはない裁判所仲介による債権者、債務者の話し合いで同意が得られた結果が反映されるためを場合によっては交渉が決裂することもあります。つまり任意整理とは、裁判所主動ではなく、あくまで個人主動の債務整理の唯一の方法と言えます。

~借金早期解決のために~

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法