債務整理後のクレジットカード|本当に債務整理するべき?

債務整理後のクレジットカード|本当に債務整理するべき?

MENU

債務整理後のクレジットカード|本当に債務整理するべき?

自己破産をすると、クレジットカードが持てなくなると聞いた事はありませんか?
この噂、実は本当なんです。
自己破産だけでなく、個人再生や任意整理と言った他の債務整理を行っても、その後クレジットカードを作る事は出来なくなります。

ローンを組んだりクレジットカードを作ると、その情報は信用情報機関に登録されます。
信用情報機関はあまり馴染みのない言葉ですが、この信用情報期間、俗にいうブラックリストの事なんです。
債務整理を行うとブラックリストに、その情報が登録されてしまうので社会的な信用が無くなり、クレジットカード会社はその情報から、
クレジットカードを発行してはくれません。

ですので債務整理を行ったら、クレジットカードは作れなくなると注意した方が良いでしょう。
しかし、債務整理を行ったからといって、一生クレジットカードを作れないという訳でもないんです。
自己破産と個人再生の場合は、約7年から10年間ほどはクレジットカードを作る事はできませんが、その後は審査の上クレジットカードが発行されます。
任意整理の場合は自己破産や個人再生よりも早い、約5年から7年ほど経てばクレジットカードを、作れるようになるので安心しましょう。

~借金早期解決のために~

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法