債務整理をすると官報に載るか?|本当に債務整理するべき?

債務整理をすると官報に載るか?|本当に債務整理するべき?

MENU

債務整理をすると官報に載るか?|本当に債務整理するべき?

多重債務や自転車操業など、借金の悩みをそのまま放置していても、状況は改善しませんよね。
それどころか借金の返済をする為に他の金融会社から、また借り入れをし借金の返済に充ててしまうなどすると、ますます状況は悪化してしまいます。
借金の問題は放置せず、早めに債務整理を行う事で解消しましょう!

債務整理には自己破産や個人再生、任意整理などの種類がありますが、それぞれ効果に違いがあります。
自己破産は皆さんがご存じのように、借金の支払い義務が無くなる債務整理です。
個人再生や任意整理は借金をゼロにする事はできませんが、借金の額を減らせるので月々の返済の負担が軽くなる、債務整理となっています。

借金を整理し問題を解決できる債務整理ですが、はやり良い事だけでなくデメリットもあるので、その点は考慮する必要があると言えるでしょう。
債務整理のデメリットとして挙げられるのが、官報に情報が記載されてしまうという点です。

官報は国が発行している新聞のようなもので、債務整理を行うと借金を整理した事実や氏名・住所といった、個人情報が掲載されてしまいます。
官報は購入すれば誰でも読む事はできますし、最近ではインターネットでの閲覧も可能なので、もしかしたら官報経由で債務整理を行った事が、
知られてしまうかもしれません。

ただ、官報に記載されるのは自己破産と個人再生、この2つの債務整理のみです。
任意整理を行っても官報には記載されないので、少しでも個人情報が気になるという方は、任意整理を行いましょう。

~借金早期解決のために~

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法