破産宣告のメール相談・電話相談ならココがオススメ!

破産宣告のメール相談・電話相談ならココがオススメ!

MENU

破産宣告を弁護士に依頼すべき理由

破産宣告をする時には、弁護士に対応を依頼するのが一般的です。
その理由として、いくつかの事柄が挙げられます。

 

弁護士が破産宣告の手続き代行をしてくれる

まず、破産宣告の手続きに関するさまざまな作業を代行してもらえることです。
たとえば、破産宣告に際しては申請書類の作成や必要書類の取り寄せ、財産状況の把握、債権者の一覧表などが必要となります。

 

さらに破産宣告に至った経緯を記した陳述書も作成しなければなりませんし、所定の申し立て書類も必須です。
これらの書類や内容に不備な点があると、裁判所へ何度も出向かねばならず、時間と手間がかかるのです。

 

しかし弁護士に依頼すれば、書類の記載方法についてアドバイスをもらったり、裁判所へ代わりに出向いてもらうことができます。
それによって手続きが迅速かつ的確に行われ、心身の負担を軽減できます。
もちろん、法律のプロのアドバイスを得ることで、免責許可の決定を受けられる可能性も格段に高くなります。

 

弁護士が取立をすぐにやめさせてくれる

そして、弁護士に依頼すれば債権者への窓口になってもらうことが可能です。
弁護士が債権者に対して受任通知を送付すれば、電話や訪問などによる取り立て行為がなくなります。
その上、債権者との交渉や連絡も引き受けてもらえるため、精神的負担が緩和されるのです。

 

少額管財事件になる可能性が高く、破産宣告が円滑に進む

この他には、破産宣告の際に『少額管材事件』として扱われる可能性が高くなります。
通常、処分して換金できる財産がある場合には『管材事件』として扱われ、最低でも50万円の予納金が必要です。
ただし弁護士が代理人をつとめているケースでは、『少額管材事件』になることが多々あります。
この場合は予納金も最低20万円で済む上、手続きもスピーディーに進むというメリットがあります。

 

こうした利点を考えると、破産宣告の手続きは弁護士に依頼するのが賢明だといえるでしょう。

~借金早期解決のために~

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法