特別送達が来たらどうする?!※すぐわかる!解説ガイド!

特別送達が来たらどうする?!※すぐわかる!解説ガイド!

MENU

特別送達が来たらどうする?!※すぐわかる!解説ガイド!

膨らんだ借金をどうする事もできず、やけになり、そのまま返済せずにほっておくと、裁判所から特別送達が送られてくる事があります。特別送達は、裁判所が送達される文章の内容を事実と認めた時のみ送付されるものです。受け取りを拒否したり放置したりすると、職場に特別送達が届いたり、内容が差し押さえ通知であった場合には、強制的に給料や口座などが差し押さえられてしまう恐れもあります。特別送達を受け取ったら、とにかく速やかに対処する事が大切です。
内容が差し押さえ通知であった場合には、借金を全額返済するか、それが不可能なら債務整理をするかの選択に迫られます。どちらの決断をするにしても迅速な決断と対処が要求されます。万が一、特別送達の内容に意義がある場合は2週間以内に異議を申立てなければなりません。特別送達が送られてくるという事は、それくらい状況がひっ迫しているという事なのです。
特別送達の内容には難解な語句も多く、内容を正しく理解するには専門的な知識を持つ者の助言が必要です。また、債務整理する場合にも、自分ひとりで解決するのはとても困難です。特別送達を受け取ってしまったら、なるべく早く信頼できる弁護士に相談し、適切なアドバイスを受けましょう。

借金やローン返済の滞納による差し押さえの場合、必ず裁判所から送達が送られてきます。それ以外の差し押さえ通知は効力がないので無視しても構わないのですが、裁判所からの送達があった場合は真剣に対処を考える必要があります。
差し押さえを行うにはまず裁判所で権利関係を明確にする判決をもらう必要があります。手続きを簡略化した支払督促の制度も含めて、申し立てが行われると必ず裁判所から通知が来ます。これを無視して意義を申し立てたり出廷しないと、相手の言い分通りに差し押さえが認められてしまいます。裁判所から何らかの通知が来た場合はきちんと開封して中身を調べ、分からないことがあるなら弁護士などの専門家に相談しなければいけません。
ちなみに受け取っていないとシラを切ることは不可能です。裁判所からの通知を受取拒否することは法律上できません。家族が受け取ったとしても本人の届いたものとみなされてしまうので、自分が受け取っていないことを口実にすることもできません。送達を受けたら真摯に対応する必要があります。
送達を受け取ってからの流れは裁判所に異議申立てをして通常訴訟に移り、そこで債権者と和解の道を探ることになるでしょう。裁判所からの通知を無視していると次は本番の差し押さえ予告が裁判所から送られてきます。ここまで来るとストップをかけるのが難しいので早めに債権者との交渉の機会を持ちましょう。

~借金早期解決のために~

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法